書評

弱さと共存する

私達は、弱い部分を持っています。

経済面、容姿、地位…etc

私も、もちろんあります。弱い部分が占める割合が大きいです。

本書は、そんな私達に勇気を与える良書でした。

弱さと共存しつつ、なおかつ、挑戦する。

そこに真の強さがある。

弱い部分があったていいんです。みんな持っています。それでも、人生に挑戦することに尊さがある。

そのことを切実に教えてくれました。